第40回産経新聞社奈良市学童軟式野球大会 1回戦


キャプテン前原から、選手たちの目標を「準優勝」を獲ることとして向かえた産経杯。

初戦の相手は都跡スポーツ少年団さん。春の市長杯からの成長を確認出来る相手となりました。

自分たちの今までの練習の成果が試された試合となります。

 

序盤は日頃の成果を発揮したプレーで相手に得点を与えず。しかし、3回に練習の成果を発揮できないプレーと自分たちのミスから失点、後続を断つものの先制された。

 

自分のピッチングを続ける先発井出を何とか応援したい選手たち。気持ちとともにつなぐのは日々の練習。バントを確実に決め、相手のミスから逆転。

 

しかし次回相手の勝つための意識強さ、確実に得点するためのプレーから同点に追いつかれる。

 

追いつかれた後の5回裏の攻撃、先頭打者佐々木のヒット。相手のミスでランナーがたまり、4番中谷のセンターへのあたりが選手全員の思いを乗せ、2塁打となり逆転。後続バッターも続きこの回一気に4点のビックイニングに。

 

最後は、リリーフ塩山が、落ち着いたピッチングで後続を断ち、市長杯の初戦の借りを返す一勝となりました。

 

次は、来週6・16のやまと戦です。本日もみなさまからの熱い応援ありがとうございます。

次週も選手、監督、スタッフ、父母一丸になって次のステップを目指して頑張っていきましょう!

 

旧ホームページ
旧ホームページ